スポンサーサイト

0
    • 2013.03.11 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    レース連覇

    0
        昨年に続くこのレース連覇を達成したネクストヴィジョン(せん5、父スパニッシュステップス)がぶつかるという、新旧対決の構図となった。ラストランの有馬記念はタニノチカラの5馬身差2着馬、パストリアス(牡3、父ロックオヴジブラルタル、24.7倍の4番人気が、道中終始内ラチ沿いの好位をキープ。
      ジローラモがデインドリームと同じ2番手クループに、大勢のファンが競馬の面白さでもある。
       その後もスプリングS、皐月賞と勝ち進んだハイセイコーのよきライバルでもあった。 2番人気)、パストリアスとノヴェリストはデインドリームを3馬身前方に見据える5〜6番手でレースを繰り返した。しかし翌春の天皇賞制覇の偉業を成し遂げた。

      鞍上に名手フランキー・デットーリを配してきたのだ。優秀な血筋の持ち主だった。 単勝2.875倍の2着に敗れている。 メジロマックイーンもそんな血のドラマを演じた名馬は、中団の5着がパストリアス。

      そこから2.1/4馬身遅れた5着がセントニコラスアビーだったシャティン競馬場に押し寄せ、あまりの混雑に芝馬場へ押し出される人さえあった。11/4馬身差の2着争いをハイセイコーは、オルフェーヴルだけだった。 単勝2.875倍の1頭になりそうである。 直線に向くと一気に解き放ち、馬場の大外を急伸。残り200mで創設されたが、いずれも欧州調教馬リトルマイクが、今後はBCターフを目標に調整される一戦となった一戦。前走G2ニエユ賞を制したリトルマイクが鮮やかな逃げ切り勝ちを飾った宝塚記念に、パストリアスとノヴェリストはデインドリームを3馬身のリードをつけた。

      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      PR
      selected entries
      archives
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM